トップページ > 東京今昔散歩一覧 > 第35回 『深川神明宮』

東京今昔散歩

第35回 『深川神明宮』

『深川神明宮』江東区森下鎮座

今からおよそ四百年の昔、現在の深川一帯は葦の生い茂る三角州で、住む人もまだいませんでした。その頃、深川八郎右衛門(摂津の人と伝えられる)が一族を引き連れてこの地に移り住み、土地の開拓に着手しました。八郎右衛門は神さまを敬う心が篤く、屋敷のうちに小さな祠を建て、日頃から崇敬する伊勢神宮の大神さまのご分霊をお祀りし、開拓民の幸せと、深川の地の発展を祈念しました。 これが、深川神明宮の起源です。そして深川の地の発展とともに、八郎右衛門の屋敷の小さな祠も、いつしか深川総鎮守神明宮と称せられ、多くの崇敬を集めるようになり、今日に至りました。

【公式HP】https://www.fukagawa-shinmei.com/index.html

【公式Facebook】https://www.facebook.com/fukagawasinmei

【公式Instagram】https://www.instagram.com/fukagawashinmeigu/?hl=ja

お近くにお越しの際は是非お参りください。

このページの先頭へ