トップページ > 東京今昔散歩一覧 > 第33回 『八幡神社』

東京今昔散歩

第33回 『八幡神社』

『八幡神社』中野区大和町鎮座

高円寺駅・野方駅より徒歩15分の住宅街に鎮座します。

幼稚園が境内にあり、お宮の杜でどんぐり拾いなど四季を感じられる環境にあります。

永承年間(1046〜1052)源義家が奥羽地方に進軍する際、石清水八幡宮の遥拝所をここに設けました。

その後天喜四年(1056)義家の武勇を慕う村人たちが、その跡に八幡神社を造営したとあります。

現在の神殿は、昭和三年造営の権現造。

現存する古物は、文政13年(1830)の狛犬、明治41年(1908)の乃木希典の書による忠魂碑など。

御祭神は応神天皇です。

7月末の例大祭ではお神輿や盆踊りで賑わい、特に盆踊りはDAIBONの愛称で老若男女に親しまれています。

お近くにお越しの際は是非お参りください。

このページの先頭へ