トップページ > 東京今昔散歩一覧 > 第32回 『多田神社』

東京今昔散歩

第32回 『多田神社』

『多田神社』中野区南台鎮座

御祭神の多田満仲公は、第56代清和天皇の御曽孫多田源氏の祖神であります。幼少より文武両道に秀で国家に凛然として輝き、武門の棟梁たる勅諚を賜り国家鎮護の大任を課されたのみならず、或は沼地を開拓して広大なる田畑を造成し、或は河川を改修して農耕の拡大に寄与し、併せて源氏興隆に確固たる基礎を築かれました。

満仲公の第2子は歴史上著名な頼光公であり、第4子頼信公は平忠常を討ち関東を平定しました。続いて頼義、義家の父子二公は前九年後三年の両役に大軍を率いて、奥羽の地に赴きその凱旋の帰途、寛治6年(1092年)祈願達成の報賽として大宮八幡宮に神鏡を献じ、別当宝仙寺を建立すると共に大宮八幡宮造建の時の八幡宮神供の雑色料の地である当地に日頃淑敬する満仲公の祠を建てたところ雑色村の鎮守社として住民に崇敬せられてきたということが「武蔵名勝図会」に記されています。新編武蔵風土記稿には「多田権現稲荷合社」と記されています。

【公式HP】https://tadajinja.tokyo

お近くにお越しの際は是非お参りください。

このページの先頭へ