トップページ > 東京今昔散歩一覧 > 第30回 『牛嶋神社』

東京今昔散歩

第30回 『牛嶋神社』

『牛嶋神社』墨田区向島鎮座

牛嶋神社は隅田川の東岸、もと水戸徳川邸跡の隅田公園に隣接して鎮座しています。

古くは向島須崎町にありましたが、関東大震災後、昭和のはじめ現在地に再建されました。

明治維新前は、本所表町の牛宝山明王院最勝寺が、別当として管理していましたが、明治初年の神仏分離後「牛の御前」の社名を牛嶋神社と改めました。

隅田川に沿う旧本所一帯の土地を昔「牛嶋」と呼び、その鎮守として牛嶋神社と称したのです。

江戸時代には、鬼門守護の神社として将軍家の崇敬も厚く、特に三代将軍家光から本所石原新町の土地の寄進を受け、祭礼渡御の旅所となりました。現在の摂社若宮はその一部であります。

総桧権現造り、東都屈指の大社殿を誇る牛嶋神社は、氏子五十町・牛島講の守護神として、崇敬尊信をいただいております。

お近くにお越しの際は是非お参りください。

このページの先頭へ