トップページ > 東京今昔散歩一覧 > 第18回『井草八幡宮』

東京今昔散歩

第18回『井草八幡宮』

『井草八幡宮』杉並区善福寺鎮座

もともとは春日社として人々に親しまれてきましたが、源頼朝が訪れた折に八幡大神さまを

勧請し、八幡宮としての歴史が始まりました。

地域の人々に親しまれると共に、太田道灌をはじめ名だたる武将の崇敬を受けるなど、

さまざまな方に支えられ今日に至りました。

頼朝が神社の近くで井戸を掘った際、あまりに水の湧きが遅かったからかその井水を「遅野井」と名付け、それがそのまま土地の名前になりました。また、後にこの湧き水はやがて池となり、現在の善福寺川の源流になりました。今は旧村名に由来する井草八幡宮と呼ばれておりますが、かつては遅野井八幡さまと呼ばれていたそうです。

【公式HP】https://www.igusahachimangu.jp/index2.html

お近くにお越しの際は是非お参り下さい。

このページの先頭へ