トップページ > 東京今昔散歩一覧 > 第15回『雉子神社』

東京今昔散歩

第15回『雉子神社』

『雉子神社』品川区東五反田鎮座

古くは荏原宮と云い、文明年中には大鳥明神、山神の社とも称されました。

慶長年間(1596~1615年)、三代将軍徳川家光公がこの地に鷹狩りに訪れ、

一羽の白雉が社地に飛び入ったのを追って参拝し、「以後雉子宮と称すべし」と命じ、

雉子ノ宮と改称されました。

神社は12階建のビルの1階部分にあるものの、

コの字の吹き抜けになっており、社殿の上を遮るものはありません。

お近くへお越しの際は是非お参り下さい。

このページの先頭へ